安全チェック

| タイヤ基礎知識 | タイヤ・チェック項目 | ホイールアライメント |

タイヤに大切なこと(1)

タイヤには、運転を支える役割があります。

タイヤの役割 図

タイヤに大切なこと(2)

タイヤに、求められる要件は、以下のように区分できます。

タイヤの仕様要件 図

基礎知識

タイヤには、そのタイヤの仕様が、規格表記されています。お使いになられている車両のタイヤサイズをご確認してみてください。

基礎知識 図

ふだんからチェックしてほしいことです

4つの見守りだけで、安全性はかなり増します。

 

(1)タイヤの溝

夏タイヤのスリップサイン

夏タイヤのスリップサイン

安全基準 説明図

冬タイヤのスリップサイン

冬タイヤ スタッドレスのスリップサイン
冬タイヤ スタッドレスのスリップサイン

スダッドレスタイヤのサインは、2つあります。一つは『プラットフォーム サイン』といって、スタッドレスタイヤとしての機能の低下を示すサインです。もう一つは、夏タイヤ同様の『スリップ サイン』です。

タイヤの溝の消耗は、同時に進行し、スリップサインが一斉に出ると、
車体全体が制動不能になる危険が出てきます。もっともチェックいただきたいところです。

 

(2)タイヤの変形

ひび割れ
編摩耗 写真
編摩耗 説明図

側面の傷

道路脇の 縁石 タイヤブロック 等に、『こすっちゃった!』場合、すぐに見てみてください。 深刻な状態でこのまま高速で走行すると、タイヤが破裂する場合もあり専門の人に聞かれることをおすすめします。

 

(3)タイヤの空気圧

タイヤの空気圧は下がるもの

41%の車両が空気圧不足

タイヤの空気は、わずかづつですが、自然に抜けていきます。『適正空気圧定期点検や、『窒素充填』で、安全性を保ちやすくなります。

 

 

(4)ハブボルト・ナットのゆるみ

ボルト

タイヤホイールを車体に取り付ける時の、ナットの締め付け具合にも、適性値(トルク)が有ります。定期的に確かめる必要があります。


ホイール アライメント

タイヤの専門知識と、専用の機械がないと出来ないことです。当社では、正確に、迅速に行うことが出来ます。

 

(1)ホイールバランス

ホイールバランス 説明図

専用機器で、必要な個所に、g (グラム)単位の重しを付け、バランスを取っていきます。

 

(2)キャンバーと、トーイン・アウト

キャンバーと、トーイン・アウト 説明図

専用機械で、普通・高速走行時の状態を調べ、現象で判断します。

 

(3)タイヤローテーション

タイヤローテーション説明図

タイヤの仕様に合わせたローテーションを、車体リフトし行います。

 

 
| タイヤ基礎知識 | タイヤ・チェック項目 | ホイールアライメント |