SUVタイヤ デューラー / アレンザ

SUV用タイヤ デューラー アレンザ

ときとして足元の表情から、煌めく存在感を放つ人と擦れ違うことがある。それは自らの表現を知り尽くしたものだけが辿り着く、さりげなく、しかし究極の演出力というべきものだ。価値あるSUVを、足元からさらにひとつ上のステージへ。ブリヂストンのデューラー、それは SUVをプレミアムにするだけではない、あなたのプレミアムさえ、いっそう輝かせていく。

デューラー アレンザ ラインアップ

    DUELER 開発ストーリー DUELER ブランドポジショニング

最初は名前をデザートデューラーとしていて、砂漠は少し違うのですが、あらゆる路面での強さ、タイヤの面での強さを求めようということで開発を始めました。80年代の後半になってくると、デザートという名前にとらわれて使い方が限定されてくるということで、多様化してきているクルマに対応するために、デューラーという名前で一本化しようということになりました。クルマに対応して、商品の幅を広げていこうということです。

A/T、M/Tの開発そしてSUVの時代へ

最初はオールテレーン(A/T)という商品の開発でした。オールテレーンというのはまさしく、あらゆる路面というか、使用目的に応じて様々な路面を走れるタイヤのイメージです。それから次に、山の中の悪路など、もっと過酷な状況で走れるタイヤということで、マッドテレーン(M/T)を開発しています。
80年代後半からはシティクロカンという、いわゆる街中を走る4駆というものがだんだん出始めて、そういったクルマに対してオンロードユースに特化したタイヤに開発を広げてきています。

さらなる進化へ

4駆のタイヤはいろいろな使い道がありますし、これからまたいろいろなクルマが出てくると思います。世界でもクルマの使い方はいろいろですから、今後もラインナップの幅を広げていきたいと思っています。

こだわりぬいたデザイン

性能面はもちろんですが、実はA/Tに関していちばん力を入れたのは外観です。これは、タイヤが大きいために、クルマにつけた状態だとタイヤが非常に目立つためです。普通の自動車と違ってタイヤがよく見えます。デザインでは、サイドデザインもそうですが、パターンについても気を使いました。デザイングループという、ブリヂストンのタイヤパターンを設計・デザインする部門がありますが、彼らと、販売部門も一緒になって、日本で行ったお客さまへのインタビューをもとにデザインを磨き上げました。デザインと性能の両立ができたのではないか、ということで我われは誇りに思っています。

静かさとSUVらしさの両立

4駆で街中を走るとき、そこで要求されるのは静かさです。ただそうは言っても4駆のなかでの静かさですから、パターンもあまり乗用車みたいな形では面白くないので、SUV的な力強いイメージを残しながら静かさを実現することを目指しました。そこが一番苦労した点です。H/Lは、オフも少し走れるけれども、主体はオンロードというタイヤです。

ブリヂストンサイトへのリンク

保存

保存

保存

保存